採用情報

当研究所について

 当研究所は、我々の生活の基盤である防災・安全問題を専門とする、我が国でも数少ない民間の研究機関です。研究の対象は、地震・津波、火山噴火、風水害などの自然災害から、原子力災害などの人為災害、さらにはそれらをもたらすヒューマンファクターまで、幅広い分野を網羅しています。

 

 ふだんの業務は、国・地方公共団体など行政機関や民間企業からの委託調査が中心です。委託側のニーズに応え、被災地等の現地調査、各種アンケート、ヒアリング、文献調査などから、事故・災害の発生予防、発生後の応急対策、被災地の復旧・復興など、さまざまな局面における対策立案や、対応計画・マニュアル策定に取り組んでいます。

 

 当研究所の大きな特色は、このようなシンクタンクとしての調査研究業務だけでなく、コンサルタントとして防災対策を実践・推進する業務も行っているという点です。常に生活に密着した防災を目指すため、“現場主義”に基づいて実際に活動することも大切と考えているのです。住民主体の防災組織の活性化や、講演会・研修会などでの「啓発」など、防災対策の現場に密着した活動を行っています。

 

 また、委託業務以外の自主的な活動も重視しています。災害直後から被災地に飛び込んで行う現地調査、被災地の住民がつくったNPOの活動支援、学会等を通じた研究活動など、各スタッフは自ら“やりたい”と思う活動・研究に主体的に取り組んでいます。こうした自主活動を通じて社会に貢献することも、当研究所の目指すところです。

 

 当研究所の業務には、すでに確立した理論や方法論はありません。いつも「今までにない、新しい試み」を模索しながら、調査研究にあたっています。このように常に新たなチャレンジを続け、防災・安全対策を推進し続けることが当研究所の役割と考えています。

 

 私たちの一員として、このような活動に真剣に取り組もうとお考えの方は、ぜひ、研究スタッフとしてご応募ください。

 

研究スタッフ募集中!

新卒・第二新卒採用

キャリア採用

 

株式会社社会安全研究所
〒162-0821
東京都新宿区津久戸町3番12号 ツクド岡本ビル
Tel:03-3260-9414  Fax:03-3260-9492
e-メールアドレス:otoiawase@e-riss.co.jp
メールアドレスの「@」が全角になっています。
お手数ですが、メール送信の際には、@を半角英数に修正をお願いします。